日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
元気系(6)
いやし系(2)
恋愛系(12)
バカップル系(2)
子育て系(5)
ペット系(3)
自慢系(1)
グチ系(6)
オシゴト系(3)
観察系(2)
旅行系(1)
音楽系(8)
スポーツ系(1)
ゲーム系(1)
アニマン系(5)
ちとエエ話系(9)
今日の一句系(6)
ポエマー系(1)
小説系(5)
秘密系(3)
社会派系(4)
不幸系(7)
闘病系(2)
オトナ系(9)
病院なんか良...
おいわい3000ヒット!...
ェェェーがんばる...
果樹園の...
ハート蝉の気持...
おいわいいつのま...
果樹園の...
果樹園の...
果樹園の...
エーン帯を割り...
ブレイク俺は変態...
ムカッあれから...
ダラーカラオケ D...
るん♪おっぱい...
果樹園の...
るん♪長生き出...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 ☆一話完結特殊恋愛物語☆「3000ヒット!突破☆記念物語」
夜の果樹園
夜の果樹園元気系いやし系恋愛系バカップル系子育て系ペット系自慢系
グチ系オシゴト系観察系旅行系音楽系スポーツ系ゲーム系
アニマン系ちとエエ話系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系社会派系
不幸系闘病系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆49才 1969(昭和44)年1月3日(山羊座) O型 瀬戸/春日井/小牧/犬山近辺在住/勤務/出身 会社員 年収 500万円以上 不定期休み 家族と同居 独身 一人っ子 ◆離婚×1 ◆子供無し 車有り お酒を飲める 喫煙する 178cm 70kg /普通体型 / 黒髪 黒目 ドラゴンズファン ギャンブルしない
◆趣味・興味: 音楽, 映画/ビデオ, 書籍/雑誌, アウトドア, 美術館, 国内旅行
作家QRコード
作家QR
 コード 
頑張って書きますから読んでくださいね(*^_^*)応援のメールとかもらえたら嬉しいし励みになるんだけど…お願いします!!
 
2018年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    

→最初の日記
→全部で104日記

3000ヒット!突破☆記念物語おいわい恋愛系日記
【大クワガタはペットショップで】

今日は健太と大クワガタを採りに行く約束の日。

高校生の俺にしてみれば、小学生の昆虫採集に付き合わされるのは、かなりキツイ冗談なんだけど、約束してしまった以上は仕方がない……

壁に掛かる時計の針は午前5:30を差していた。

まったく…。なんで朝刊が届く前より早く起きないかんのだ。

眠たい目を擦りつつ、服を着ようとしていたら、玄関のチャイムが鳴った。

トランクス以外は何も着けていない格好だったが、別に気にする程の相手でもないから、俺はその格好のまま、玄関のドアを開けた。

しかし…

外で待っていたのは、健太ではなく、姉の千鶴の方だった!?

「千鶴……なんでオマエが!?」

「おはよう……。拓」

千鶴はギンガム柄のチュニックに、ハーフパンツといった、いかにも『私、夏してます!!』みたいな服装……

なのに俺は、いかにも『俺、裸族してます!!』みたいな裸に近い状態……

かなり恥ずかしいんだけど、ここでバタバタするのは、男らしくない……ここは一つ、当然の様に、そして悠然と部屋に戻ろう。

「弟が風邪をひいて、だから私が……

「そうなんだ。それは大変だったな…うんじゃなっ!!」

俺は玄関のドアを閉めようとしたが、ペタンコサンダルを履いた彼女の足がドアの隙間に入り、それを阻止した!!

何するんだ、この女!!

待って!!」

なんで!?」

「ちゃんと最後まで話を聞いて!弟がダメだから、私が拓と一緒に大クワガタを採りに行くの!!」

「アホッ!なんでオマエと一緒に昆虫採集せないかんのだ!!その足、退けろ!!」

「嫌だ!!理由をきくまでは、小指の爪が剥がれたって退けない」

「理由って、なんの理由?」

「私を避ける様になった…理由」

「そんなこと……。別に避けてない」

「嘘だ!!ぜったいに私を避けてる!!」

心がキュッと縮んで痛くなる感じがした。千鶴が言ってる事は……当たっている。俺は、やむを得ない事情で千鶴を避けていた……

「夏休みが始まる前から、ずっと私を避けてる!!どうしてよ…ワケを教えて!!ウザイとか、好きなカノジョが出来たとかあるんでしょ」

「馬鹿いうな!!」

俺はドアを閉めるのを諦め、二階の自分の部屋に戻ろうとしたが……千鶴が家の中まで入ってきた!?

「なに、勝手に人の家にあがってきてるんだよ!!」

「逃げるな!!ちゃんとワケを話せ!そして私の心に終止符をうて」

「終止符も、何も…俺たちは別に最初っから特別な関係じゃないだろう!!」

「特別な関係になる可能性なら十分あった!!だから、それをこんな風に、自然消滅を狙う、拓の気持ちが理解できない!!」

階段をダッシュで上がってるのに、背後からピッタリくっついて離れない千鶴。

俺は立ち止まり、わざと恐い表情をつくって、千鶴にわめいた。

「いい加減にしろ!とっと帰れ!!」

「どうしても話さないつもりなの?」

「別に…何もないからな」

……もし私が自分で服を引き破り、大声で泣き叫んだら…どうなる?拓の人生終わりだよ」

「千鶴……。オマエ、なに言ってるの?」

「弱々しい私が、破れた服で泣き叫びながら、この家を飛び出すんだよ!そしたら、もう大変な事になっちゃうんだから。それが嫌だったら正直に話せ」

本気だ…。千鶴のクリクリっとした瞳には、いつでも泣ける様に、溢れんばかりの涙がスタンバイされてる……

なんか、笑える……。こんな陳腐な脅しを考えるなんて、やっぱり千鶴は面白い!!

「なに笑ってるの!本気なんだよ!脅迫してるんだよ!!」

「悪い…だって普通ありえないから……わかったよ。ちゃんと話すから、とりあえず、俺に服を着させてくれ」

……わかった」

それから俺たちは、近所の公園に行き、両隣でブランコに座った。そして俺は…あの、やむを得ない事情を千鶴に話し始める。

「先生に言われたんだ……

何を

「オマエが…成績を下げたのも、茶チャパツしたのも、俺がバカのせいだって……

「それは、拓に関係ないじゃない!!」

「いや、そうでもないと思う……。勉強させないぐらい、遊びに連れていったのは俺だし、キレイになっていくオマエを誉めたのも俺だ」

「そんな…。そんな理由で私を避けてたの」

そうだよ

バカじゃないの!!」

「そう思うよ俺だって……。だけど嫌なんだ…俺のせいで、オマエが悪い方へ変わっていくのは……好きだから」

……私が悪い方に傾いていくのだとしたら、今以上に最悪な状況はないよ…。私のこと好きなら、もう苦しめないで…ずっと、辛かったんだよ……」  

「そうだな…。悪かったよ」

千鶴はブランコから勢い良く飛び降り、ありったけの笑顔を俺にみせた。

「さてと…。弟が起きる前に、どこか遊びに行こうよ!!今まで損した夏休みを取り戻しにさっ!!」

「起きるって…健太は風邪をひいてるんだろう?」

「あっ、あれ嘘。弟の目覚まし時計をOFFにしてきたんだ!!」

……

健太…悪いな。どうやら、大クワガタを採りに行くのは、来年になりそうだ…もしかしたら、来年もどうだか……

まぁ…。そうなったらペットショップで買ってやるから我慢しろよな。

高校生の夏は、大クワガタより貴重なんだし……
   瀬戸/春日井/小牧/犬山近辺にて
2006・8・23  Wed
つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
   コメント 
  

   トラックバック 
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています